主にギターと音楽の話、たまにPCやIT関係も

アリエク百円ショップ

アリエク見たら百円ショップなるコーナーが出来てた。
日本円で100円の商品は無いし、US表示にすると1 from 1.99USD~なので300円ショップの方が近いはずだけど、日本人向けには百円ショップの方が分かりやすいと思ったんでしょう。
対象商品はそこまで多くはないが在庫処分品とかが通常の半額くらいな感じで3点以上纏めて発送することで送料無料。
180円270円300円360円などがあり30円単位なのはUSDがらみと思われるし、1円単位がないのは悪くない戦略な気がする。

ということでBluetoothイヤホン・Bluetooth 5.1アダプタ・Macbookに使うかもしれないUSBハブ(Type-CからType-Ax4)などを180~360円の商品を10点で計2430円で買ってみた。

で注文から5日で早くも届いた。
百円コーナーで注文多くて早くコンテナが埋まったのかな。

あの国の製品でアレなのに、さらにアリエクということで金を捨てるような覚悟で買ってますが、商品は問題なさそうでした。

ちなみに何回かアリエクから買ってるけどトラブルはほぼないです。
正確に言えば初回は怪しさ満点の市場価格の1/5というショップから届いたらラッキーの感覚で買って結果届かずで全額返金というのはあったけど、最初から覚悟してたものなのでノーカウント。

このサイズの取説は老眼には厳しいです。。。

Bluetoothイヤホンは左から普通のカナル型イヤホン 270円、真ん中がイヤーカフ型骨伝導イヤホン 360円、右がネックバンド型骨伝導ヘッドホン 270円。

値段も値段だし最初から期待はしていなかったがすべて酷いw

まず骨伝導をうたう2つは骨伝導ではなく耳穴の近くにドライバーユニットを置いて、耳穴方向に穴開けてそっちに音流してるだけ。
ドライバーユニットが骨伝導対応のものではあるんだろうけど、俺的には骨伝導風ですらない。
依然調べた時は日本で売っているものでもほぼ同じ構造らしい。。。

音は当然ながら低音は皆無でペラペラ、音漏れも多く、右のネックバンド型は音量大きくするとキンキンして話にならない。

真ん中のイヤーカフ型のはambieのパチモン(というか工場は同じ?)で、音傾向は同じだけど製品としてのバランスはネックバンド型に比べれば全然マシだが、俺の大き目の耳だと耳穴まで距離ができるせいか取り付けで左右で同じにするのが難しく感じた。

カナル型のは構造的に低音は出ているがその低音の解像度が悪すぎて気持ち悪い。あとイヤーチップが薄すぎて音量で印象が変わる。

カナル型やインイヤー型はあまり好きじゃなくて元々骨伝導には少しだけ興味があったけど、音は良くないのはレビューや構造的に理解していたので買うまでは行かなかった。
けど数百円の出費で家で試せて結果使えないというのが分かったので良かった。

とポジティブに考えてます。

もし使えたとしても、家では基本的にスピーカーで問題ないし使うとしても有線ヘッドホンだし、外では音楽聞かないくなったし、電話はしないし、と使う機会があるのかと言われればほぼ無いんだけどね。

コメント

  1. Commenter: shimatch
    2024/02/14 08:28

    アリエクなんて初めて聞いた。
    アリババのオンラインサイトなんだね。
    最近、中国系のtemuだっけか広告が多くて
    邪魔に思ってるなぁ。
    数十円の商品ってどうしても信用出来ない・・。

  2. Commenter: Wise
    2024/02/14 12:17

    そうアリババの個人小ロット向け。
    Amazonやヤフオクで海外発送とか納期2週間とかなってるのはアリエクのドロップシッピングがほとんどと思われる。
    フリマの怪しい中国製品もここから仕入れている場合もあり。
    意外とニッチがものもあったりするので品質に拘らない商品なら検索(英語の方がベター)してみると面白かったりする。

    temuの広告ウザい・信用ゼロなのか完全に同意。
    似たようなのは頻繁に出てきて消える印象だけど、これはなぜかしぶとい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です