主にギターと音楽の話、たまにPCやIT関係も

アリエク百円ショップ

アリエク見たら百円ショップなるコーナーが出来てた。
日本円で100円の商品はあまり無いし、US表示にすると1 from 1.99USD~なので150USDJPYで考えれば300円ショップの方が近いはずだけど、日本人向けには百円ショップの方が分かりやすいと思ったんでしょう。
対象商品はそこまで多くはないが在庫処分品とかが通常販売価格の半額くらい(定価は無いようなものだし常にセールしているようサイトではあるがそれよりも明らかに安い)な感じで3点以上纏めて発送することで送料無料。
180円270円300円360円などがあり30円単位なのはUSDがらみと思われるし、1円単位がないのは悪くないし(→為替によってカートに入れると1円単位になることもあった)、安いものだと送料の方が高いことのあるので纏めて送料無料というのは悪くない戦略な気がする。

ということでBluetoothイヤホン・Bluetooth 5.1アダプタ・Macbookに使うかもしれないUSBハブ(Type-CからType-Ax4)などを180~360円の商品を10点で計2430円で買ってみた。

同一商品で価格が異なるのとかもあるが注文履歴上では1店舗なので物流センターに商品を預けて一括出荷していると思われる。
以前からあった1500円以上送料無料のChoiceお届けを拡張した感じなのかな。

ちなみに同じ店舗で通常販売もしているが百円ショップ内よりは2~3倍程度の価格設定なのでお得なのは間違いない。
高めの商品(とは言っても500円以上とか)だと物によっては検索して他店舗で通常購入した方が安い場合もあったので注意が必要かもしれない。

で注文から5日で早くも届いた。
百円コーナーで注文多くて早くコンテナが埋まったのかな。

あの国の製品でアレなのに、さらにアリエクということで金を捨てるような覚悟で買ってますが、商品は問題なさそうでした。

ちなみに何回かアリエクから買ってるけどトラブルはほぼないです。
正確に言えば初回は怪しさ満点の市場価格の1/5というショップから届いたらラッキーの感覚で買って結果届かずで全額返金というのはあったけど、最初から覚悟してたものなのでノーカウント。

このサイズの取説は老眼には厳しいです。。。

Bluetoothイヤホンは左から普通のカナル型イヤホン 270円、真ん中がイヤーカフ型骨伝導イヤホン 360円、右がネックバンド型骨伝導ヘッドホン 270円。

値段も値段だし最初から期待はしていなかったがすべて酷いw

まず骨伝導をうたう2つは骨伝導ではなく耳穴の近くにドライバーユニットを置いて、耳穴方向に穴開けてそっちに音流してるだけ。
ドライバーユニットが骨伝導対応のものではあるんだろうけど、俺的には骨伝導風ですらない。
依然調べた時は日本で売っているものでもほぼ同じ構造らしい。。。

音は当然ながら低音は皆無でペラペラ、音漏れも多く、右のネックバンド型は音量大きくするとキンキンして話にならない。

真ん中のイヤーカフ型のはambieのパチモン(というか工場は同じ?)で、音傾向は同じだけど製品としてのバランスはネックバンド型に比べれば全然マシだが、俺の大き目の耳だと耳穴まで距離ができるせいか取り付けで左右で同じにするのが難しく感じた。

カナル型のは構造的に低音は出ているがその低音の解像度が悪すぎて気持ち悪い。あとイヤーチップが薄すぎて音量で印象が変わる。

カナル型やインイヤー型はあまり好きじゃなくて元々骨伝導には少しだけ興味があったけど、音は良くないのはレビューや構造的に理解していたので買うまでは行かなかった。
けど数百円の出費で家で試せて結果使えないというのが分かったので良かった。

とポジティブに考えてます。

もし使えたとしても、家では基本的にスピーカーで問題ないし使うとしても有線ヘッドホンだし、外では音楽聞かないくなったし、電話は基本しないし、Webミーティングもない、と使う機会があるのかと言われればほぼ無いんだけどね。

以下追記

上のイヤホン3つセットがフリマで売れた(利益は気持ち程度)のでアリエクイヤホンリベンジしてみた。

左から有線3.5mmプラグのカナル型イヤホン、真ん中がUSB Type-Cのカナル型イヤホン、カナル型の2つは耳上にケーブル回すモニターイヤホン風、右がAirPods無印タイプのBluetoothインイヤーイヤホン、上がUSB Type-CからDAC付3.5mmジャックとType-Cに分岐するケーブル。各270円なり。

今回はワイヤレスは1つだけにして有線も試すことに。

・最初に真ん中のType-Cのカナル型イヤホン
これ3.5mmプラグとType-Cが選択出来て左のと似たようなのが2つあってもと思って購入直前に3.5mmプラグからType-Cに変更したんだけど、Pixelに差してもPCに繋いでも認識せず、レビューを見てみたら同様の報告多数で、ようするにDAC未搭載の商品でした。
これは完全に自分のミス。
手持ちの4芯3.5mmプラグに繋い変えることは可能ではあるが270円だし面倒なのでゴミ箱行き。

・左の有線3.5mmプラグのモニターイヤホン風カナル型イヤホン
同価格帯で一番ドライバーユニットが大きいものを選択(他は10mm、これは14mm)。
カナル型らしい重低音(個人的には出すぎ)だが音量大きくしなければ全体的に意外と悪くない。
14mmドライバーが関係しているのか、バスドラムの位置が低く感じるのは良いが、大きい音量にすると重低音が出すぎてもこもこしするので個人的にはEQかローカットが必要になる。
好みとは異なるがこれはこれで値段考えれば十分あり。
少なくとも100均で買った100円のカナル型は音楽などを聞く気にはならない音質だったがこれは好みが分かれるとは言え音楽を聴くことも可能。
深夜に爆音でゲームしたい時に使うかも。

・右のAirPods無印風のBluetoothインイヤーイヤホン
元々カナル型は苦手というのもあったのと前回のカナル型Bluetoothイヤホンが酷すぎたのでカナル型ではなくインイヤーで探したらAirPods風のしかなかった。
飛び出してる棒?部分(マイク?バッテリー?)は要らないのだが、たぶんインイヤーだとこれが無いと外れやすいのかな。
AirPods無印風の商品は沢山あるのだがその中で白色以外でType-C充電かつBluetoothバージョンが新し目の5.3で安いのにしてみた。
肝心の音は、全体的に味付けされていないすっきりした音で好みに近い、小音量だとやや物足りないが大音量にしても音質変化の違和感をほとんど感じない、装着感も悪くない、と値段を考えれば当たり商品かも。
逆に一般向けだと低音弱め音固めでダイナミックさに欠けるという印象になるかも。
充電が必要なのと再生時間の短さを考えれば普段使いは難しいが、機会があれば使うと思う。

最初PCに繋いだ時に左右逆だったので説明書読まざるえなかったのだが、文字が小さくて読めないのと、説明書が使いまわしなのか全く異なった(インジケーターどうのとか書いてるがこれはイヤホン本体に光る要素がない)のが難点。
これは中国製品に良くあることだし、自己責任かなと。
適当に20秒くらい両方長押ししたら直ったが、次に同症状出てもこれで直るかは不明。

・Type-Cから3.5mmジャックとType-Cに分岐するケーブル
Type-C→3.5mmジャックはPixelに変えた時に買って持ってるけど、同時に充電可能な分岐型は持ってて損はしないはず。
100均だと同等品が550円だったので悪い買い物ではないはず。

さらにもう一回購入。
今回は3つとも有線で300~350円。
たまたまですが3つとも箱入りでブランド名もはっきりしている。

・左 QKZ CK8 2Wayスピーカーユニットの有線カナル型イヤホン
・真ん中 QKZ AK2 有線カナル型イヤホン
前回のカナル型イヤホンが重低音効きすぎだったので、スピーカーユニット周りの空間スペースが少ないものを探してこれらになった。
QKZというブランド自体はドンシャリ傾向らしいがこの2つはやや毛色が異なるようだったので選択。

どちらも期待通り重低音は出すぎずで値段考えれば悪くない。
CK8(左)は同径2Wayスピーカーユニット(8mm x2)でそこまで意味があるのかは不明。高温が少し弱いのと全体的に引っ込んで聞こえるが慣れてくると悪くない。なぜかバンドもののギターがくっきり聞こえる。
AK2(真ん中)は、楽器の分離感が悪いかもでこれといった特徴も感じないが個人的にはこれぞカナル型の音という感じ(多分昔のイメージが残っているので現在のというわけではないかも)。

・右 Gramyoo s903 有線インイヤーイヤホン
前回のAirPods風ワイヤレスが思った以上に良かったので似た構造の有線インイヤーを試すことに。
フラットタイプよりは反射している感のある音ではあるが、ただの安いイヤホンの音(さらに音量も小さめ)でした。
100均の100円のよりはマシだけど、300~500円で売っているのと同等くらいかな(買ったことも無ければ比較したことはないので印象的にということで)。
値段がアレなのでたまには大外れすることもある、ということです。

その他にも
・ヘッドホン+マイク4極プラグからヘッドホンとマイクのジャックに分けるケーブル
・安い小さいマイク
・USB充電のワイヤレスはんだごて → ワイヤレスの必要性を感じたことはないがなんとなく買ってみた。スペック的には10Wと貧弱だが450度までは上がるそうなので電子工作レベルならなんとかなるのかな。
・Bluetooth4.0のスマートタグを計4個 → あれば使うかなと。家鍵のキーホルダーにつけたが省電力関係なのか切断してピーピー鳴るのでただの飾りになっている。。。
・240w対応のUSB Type-Cケーブル → MacBook ProのType-C高速充電を使う機会があれば使うかも
・ワット表示付き100w対応のUSB Type-Cケーブル → 同上
・縦型マウス → 今まで検討はしても価格的に購入までには至っていなかったが数百円なら試すことに。ちなみにマウスで手首が痛くなったことはないが年とると変わってくるかもしれないからね。
・HDMIケーブル
・M2SSDヒートシンク
・突っ張り棒タイプのビデオカードステイ
・100均のよりは少し大きめのマウスパッド(900mm幅のも売っているが飯も酒もデスクでするので掃除の面でデカいのは要らない)
・首掛けファン → 今使っているのは数年前のものなので夏前に買い替え
・ドリルビット
・ベルト
・クリップオンサングラス2種類
・クリップ式ギターチューナー
・下着パンツ 4枚セットx2+3枚セットを注文したが4枚セットが5枚セットだった。少ないよりは良いが。
などで計5回注文してしまっています。

安い+商品入れ替えが多少あるというのもあって使う機会が来るかは分からないけど持っておいて損しないものとかをついついカートに入れてしまう。
これでもスマートウオッチとかスマホ挟むVRゴーグルとか超音波洗浄機とか工具関係とか欲しいけど使う機会があまり想像できないものや代替できるものは我慢してるつもりだったりする。

コメント

  1. Commenter: shimatch
    2024/02/14 08:28

    アリエクなんて初めて聞いた。
    アリババのオンラインサイトなんだね。
    最近、中国系のtemuだっけか広告が多くて
    邪魔に思ってるなぁ。
    数十円の商品ってどうしても信用出来ない・・。

  2. Commenter: Wise
    2024/02/14 12:17

    そうアリババの個人小ロット向け。
    Amazonやヤフオクで海外発送とか納期2週間とかなってるのはアリエクのドロップシッピングがほとんどと思われる。
    フリマの怪しい中国製品もここから仕入れている場合もあり。
    意外とニッチなものもあったりするので品質に拘らない商品なら検索(英語の方がベター)してみると面白かったりする。

    temuの広告ウザい・信用ゼロなのか完全に同意。
    似たようなのは頻繁に出てきて消える印象だけど、これはなぜかしぶとい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です